まだ間に合う!小説新人賞公募15選 2016年3月末締切まで

1月から3月までは新人賞の締切ラッシュです。応募し忘れないように、しっかりとチェックしておきましょう。

募集要項は、必ずそれぞれの公式サイトに記載されているものを確認してください。

第1回カクヨムWeb小説コンテスト

【概要】

KADOKAWAが運営する小説投稿サイト「カクヨム」の小説コンテスト。

応募作品を、「カクヨム」の投稿画面より登録し、「ファンタジー、SF、ホラー、現代ドラマ、現代アクション、恋愛・ラブコメ、ミステリー」いずれかのジャンルを選択してください。

その上で小説投稿ページにあるコンテストの応募欄で「第1回カクヨムWeb小説コンテスト」を選択し、公開することで応募完了となります。

応募ジャンルはファンタジー、SF、ホラー、現代ドラマ、現代アクション、恋愛、ラブコメ、ミステリーの7部門

【締切】

2016年2月28日

【賞金】

各賞100万円+書籍化

【詳細URL】

https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_novel_001

第1回ショートショート大賞

【概要】

キノブックスが主催するショートショート大賞。単なる小説家ではなく、「ショートショート作家」の発掘・育成を目的とした文学賞。

【締切】

2016年2月29日

【賞金】

30万円+書籍化

【詳細URL】

http://shortshortawards.com/

最近は、Amazonで電子書籍出版した人に商業出版社から出版のお誘いがある事例が増えてきました。
電子書籍は自分でカンタンに作れます。わかりやすくて自宅で学べる電子書籍出版教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

幸福の科学 ユートピア文学賞2016

【概要】

幸福の科学出版が主催する文学賞。「幸福な人でいっぱいの社会、ユートピアを広げたい」という趣旨で読む人を幸福にする作品や社会の発展に貢献する為の提言などを募集

1)一般部門

「幸福」「ユートピア」「正義」のいずれかをテーマにした

①小説②エッセイ③評論④翻訳⑤詩

2)景山民夫文学賞

「人間の真理」をテーマとしたエンターテイメント性の高い小説

3)シナリオ・脚本部門

主に映像化を目的としたシナリオ、脚本

4)児童向け作品部門

児童書、絵本

5)U-18部門

18歳以下限定。自身の管理するWEB、同人誌掲載作品、書店流通していない自費出版作品は応募化

【締切】

2016年2月29日

【賞金】

100万円他、書籍化、映像化など

【応募詳細】

https://www.irhpress.co.jp/irhpress/company/business/literature/2016_gaiyo/

第6回ポプラズッコケ文学新人賞

【概要】

ポプラ社が主催する文学新人賞。小学生中・高学年から中学生が夢中になれるエンターテイメント小説を募集。商業出版を目的としない同人誌発表作品は応募可。

【締切】

2016年2月29日

【賞金】

100万円+書籍化

【詳細URL】

http://www.poplar.co.jp/zukkoke-taishou/

Amazon(アマゾン)で販売できる電子書籍は自分で作る事ができます。小説はWordか一太郎でカンタンに作れます。しかも印税は書籍価格の70%受け取り可能!! 電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

第53回文藝賞

【概要】

河出書房新社が主催する歴史ある文学新人賞。既成の枠にとらわれない、衝撃的な作品を募集している。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

50万円+万年筆

【詳細URL】

http://www.kawade.co.jp/bungeiaward.html

第48回新潮新人賞

【概要】

新潮社が主催する歴史のある新人賞。小説を募集している。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

50万円+ブロンズ像

【詳細URL】

http://www.shinchosha.co.jp/prizes/shinjinsho/

海外在住の日本人は紙の本が高い、日本語の本が手に入らないなどの理由から電子書籍を購入しています。つまりあなたが電子書籍出版をすれば、日本だけでなく世界中に住む人達を読者にできる可能性があるのです。電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

 第4回ハヤカワSFコンテスト

【概要】

早川書房が主催する文芸新人賞。広義のSF小説を募集。大賞受賞作品は、英語と中国語に翻訳されて電子配信の可能性あり。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

100万円

【詳細URL】

http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2015-04-06-183039.html

第13回ミステリーズ!新人賞

【概要】

東京創元社主催の新人賞。短編推理小説を求めている。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

30万円

【詳細URL】

http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/

出版不況が叫ばれる中で、電子書籍の売上だけは前年比30%超えで右肩上がりの成長を見せています。将来性が高い電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

第40回すばる文学賞

【概要】
集英社主催の文学賞。既成の文学感にとらわれない、意欲的な小説を募集。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

100万円+記念品

【詳細URL】

http://subaru.shueisha.co.jp/bungakusho/index.html

エブリスタ小説大賞 エンターテイメントノベル賞

【概要】

白泉社が主催する小説新人賞。生き生きとしたキャラクターと彼らの活動を光らせる事件という二つの要素を併せ持った小説を募集。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

100万円他

【詳細URL】

http://estar.jp/.pc/_ofcl_evt_outline?e=144818

文章系の電子書籍は、動画、ブログ、ウェブサイト、メルマガ登録フォームにリンクが貼れます。紙書籍では不可能だった表現がカンタンにできるのです。便利な電子書籍の作り方を教える教材はこちら

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

第29回小説すばる新人賞

【概要】

集英社が主催する小説すばる新人賞。エンターテイメント小説を募集している。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

賞金200万円

【詳細URL】

http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/shinjin/index.html

Book short(ブックショート)

【概要】

ショートショート実行委員会が主催するショートストーリーコンテスト。おとぎばなし、昔話などを元に創作したストーリーを募集する。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

100万円

【詳細URL】

http://bookshorts.jp/entry2015/

出版不況の中、2冊目や3冊目の出版が叶う著者は少ない。「一発屋」になってしまう可能性は高いです。しかし自分で電子書籍を作るなら、表現したいカテゴリに合わせて何冊も出す事が可能です。何冊も本を出している著者の事を、読者は高く評価します。自分でやり方を覚えたら何冊でも作れる電子書籍出版はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

第10回B-PRINCE文庫 新人賞 小説部門

【概要】

KADOKAWAが主催する新人賞。応募者自身が独自に日本語で創作したボーイズラブ小説の長編、短編などを募集。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

50万円

【詳細URL】

http://asciimw.jp/award/b-prince/

第15回角川ビーンズ小説大賞

【概要】

KADOKAWAが主催する小説新人賞。エンターテイメント性の強い小説を募集している。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

300万円

【詳細URL】

http://www.kadokawa.co.jp/beans/awards/

第3回新潮ミステリー大賞

【概要】

新潮社が主催する小説大賞。ストーリー性の豊かな広義のミステリー小説を募集。最終審査に残った作品には映像化のチャンスがある。

【締切】

2016年3月31日

【賞金】

300万円

【詳細URL】

http://www.shinchosha.co.jp/prizes/mystery/regulation.html

 

これらの募集の当落発表は夏から秋にかけてがほとんどです。募集要項をよく読んで、素晴らしい作品を書くことはもちろんですが、応募してから発表まで、モチベーションを維持することが大切かと思います。

頑張ってください。

惜しくもコンテストに通らなかった作品を、世の中に埋もれさせるのはもったいないと思います。電子書籍にして発表しませんか?電子書籍なら低コストで日本をはじめ世界に配信できます。コンテスト落ちの作品が電子書籍化でブレイクして出版社からオファーが来る事があるかもしれませんよ。

自分で電子書籍を作れるようになる教材はこちら

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」