父に伝えたい「ありがとう」

jyunbi
このお話は、電子出版社ハッカドロップス発行の電子書籍
「亡くなったあの人に伝えたい言葉」に掲載されたもののうちの1編です。
インターネットを通じて募集をかけ、全国から集まりました。
すでにこの世にいない方へのメッセージは、一方通行で返事がないものです。
しかし、文章にすることで、書いた人の心の整理や、明日への一歩につながると思います。
またこれらのエッセイを読ませていただきながら、自分も1日1日丁寧に誠実に生きていきたいと感じました。
あなたにとってこの本が何かのきっかけになることを願っています。

父に伝えたい「ありがとう」

papilica

父が亡くなって早いもので11年が過ぎた。
大学に入学してからは一人暮らしを始め、その後就職しても実家には帰らなかった事もありずっと離れて暮らして居た事もあり、父が亡くなった当初は中々実感がわかなかったのに最近になって「もう会えないんだ」という事を改めて感じている。
私の父はどちらかと言うと娘には甘い人で、愛情一杯に育てて貰った私は、思春期になってもファザコンだったと思う。
父は、私が小学校の頃に近所の友達とお弁当を持って夜サッカーをする為に集まると言うと、危ないからと母に反対されても、こっそりお弁当を買って来て送ってくれるような人だった。
大人になってからも私が本気で何かやりたいと言えば「絶対に途中で辛くなっても投げ出さないと約束できるならやってもいい」と応援してくれる、そんな父が私は大好きだった。
25歳の時に今の主人とまだ恋人同士だった私は、仕事を辞めて世界一周の旅に出る事を父に告げた。
突然突拍子もない事を言い出した私に、やはり父は「気を付けて二人で楽しんでこい」と背中を押してくれた。
そんな父が末期がんで余命8ヶ月だと分かったのは私が旅を始めて10か月が過ぎた頃だった。
父は私には「直ぐに死ぬわけじゃないんだから呼び戻さなくていい」と病状を隠していた。
そんな父の病状が悪化し、妹から国際電話が掛かって来た時私は日本から遠く離れたポルトガルに居た。
旅先から何通も絵葉書を送り、父から来る返事のメールは元気そうで私を心配する内容だけだったのに。
何も知らずに好きな事をしていた私は、急いで彼と日本に帰国した。
帰国した私が入院している父にお見舞いに行く事を連絡すると、駅で待ち合わせてランチでも食べようと言う話になった。
私は、待ち合わせの駅についてベンチで私を待っている父の姿を見つけて、動けなくなってしまった。
旅に出る前にあった父の姿からは想像も出来ない位痩せている父の姿に、驚きとショックで涙が溢れてしまった。
平気な顔で父の前に立てるまで20分ほど柱の陰に立ちつくしてしまった。
元気そうに振舞いながらも痩せた父と腕を組んで、街を歩いた。
その後症状が悪化しホスピスに転院する事になった父から、一度だけ「ありがとう」とメールを貰った事がある。
私に宛てたものだと分かっていたけれど、普段そんな風に改まって言われる事がなかったので、私はそのメールに対して「間違ってない?」と返してしまった。「お前宛であってるよ」と返って来たメールには照れくさくて返事をしなかった。
父がホスピスに入って2ヶ月、私と妹が看取る中で、父は静かに息を引き取った。
私が帰国してから約4ヶ月後の事だった。
毎日のようにお見舞いに行って顔を合わせていた濃密だったはずの4ヶ月は、父が亡くなってからの数年間全く実感がわかず、悲しみもあるはずなのにどこか他人事のように遠いものに思われていた。
父が亡くなって11年、彼と結婚した私は、今年ようやく赤ちゃんを授かった。
出産予定日は父の誕生日のすぐ近くで、今になってもう二度と会えない父に会いたくて仕方がない。
あの時ちゃんと返事が出来なかった「ありがとう」に、今ならば素直な気持ちを伝える事が出来ると思う。
会いたい、もう二度と会えない。
赤ちゃんが生まれたら、「あなたの娘に生まれて本当に幸せだった」とそう伝えに行きたい。

電子書籍のご紹介

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

この「亡くなったあの人に伝えたい言葉」のような電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail

Follow me!