お父さん!あなたの意志は引き継いでいますよ

jyunbi
このお話は、電子出版社ハッカドロップス発行の電子書籍
「亡くなったあの人に伝えたい言葉」に掲載されたもののうちの1編です。
インターネットを通じて募集をかけ、全国から集まりました。
すでにこの世にいない方へのメッセージは、一方通行で返事がないものです。
しかし、文章にすることで、書いた人の心の整理や、明日への一歩につながると思います。
またこれらのエッセイを読ませていただきながら、自分も1日1日丁寧に誠実に生きていきたいと感じました。
あなたにとってこの本が何かのきっかけになることを願っています。

お父さん!あなたの意志は引き継いでいますよ。

tmnet0909

私には53歳で亡くなった父がいました。
私が大学3年生のときに胃がんで亡くなりました。
面と向かって父と息子という会話をする機会もほとんどありませんでした。
父は1年前ぐらいから自覚症状はあったみたいですが、家族には言わずに医者にも行かずに、どうしようもなくなったときにはもう手遅れだったみたいです。
姉が結婚するということで、なんとか結納までは生きていましたが、結婚式を見ることなく亡くなりました。
母も最近になって亡くなり、親戚の人や近所の人から、父のいろんな話を聞くことができました。
家の整理や相続の手続きなどで、改製原戸籍などを見たりしているうちに、亡くなった父の人生をようやく少しは理解できたような気がします。
雑貨屋の息子として生まれ、戦争でシンガポールやマレーシアに行って、帰国したら旧国鉄に入り一つの仕事を一途に勤めていたみたいです。
同僚から頭はいいと言われていましたが、学歴もなく、出世の意欲もなかったみたいです。
皆さんの話をまとめると、性格的には几帳面で、自分の仕事を黙々とやり遂げるタイプだったと思います。
本に書けそうな波乱万丈な人生ではなく、どこにでもありそうな人生だったと思いますが、欲を言えばあと10年ぐらいは生きていて欲しかったと思います。
自分が学歴がなかったことで、私を理工系の大学に行かそうと思っていたみたいですが、その思いも叶えてあげられませんでした。
でもその思いは、私の子供で父にとっては孫である、二人の子供達が果たしてくれました。
これといった趣味もなく、仕事から帰っては好きな相撲を見て、湯豆腐をおかずに焼酎を飲むことだけが楽しみな父だったような気がします。
今になって思うと、公務員の安い給料で姉と私の二人をよく大学まで行かせてくれたことには、本当に感謝しています。
ほとんど怒られた記憶はありませんが、明らかに悪いことをしたときに拳骨で頭をゴツンとたたかれた記憶が2度ほどあります。
頭をたたかれたこと自体はそれほど痛くはなかったのですが、滅多に怒らない父に怒られたことで、なぜか涙がいっぱい出たことを今も鮮明に憶えています。
私や姉の進路についても、親の思いを押し付けず、私達が家を出たいという意志を尊重してくれました。
普段は寡黙で、滅多に自分の気持ちを表現しない父でした。
しかし私が夏休みで帰省していたときの、何かの酒の席で、父の友人に子供二人が出ていったあとの家の中がどれほど寂しいかを、しみじみと話していた姿は今も忘れません。
私はもう父の生きた年齢をだいぶ超えて生きています。
母は最近になって亡くなりましたが、今でも思い出すのはずっと昔に亡くなった父のことばかりです。
ふと気がつくと、私も父と同じような生き方をしている気がしています。
生きているうちはそれほど父のことを意識していませんでしたが、亡くなってからはずっと父の生き様を意識していたような気がします。
世間的にはごく普通の少し早めに亡くなった父でしたが、私にとってはある意味では目標の人間であり、それを越えることに生きがいを感じていました。
私の長男の名前は漢字の文字を変えて、生まれる前から父と同じ名前にすることを決めていました。
その長男の性格やしぐさが父と瓜二つなんです。
お父さん!あなたの意志は、あなたの孫がちゃんと引き継いで生きていますよ!

電子書籍のご紹介

[amazonjs asin=”B01I1A6KN6″ locale=”JP” title=”亡くなったあの人に伝えたい言葉”]

あなたのエッセイもkindle出版しませんか?

この「亡くなったあの人に伝えたい言葉」のような電子書籍なら、Wordや一太郎が使える人なら自分で作れます。
電子書籍出版(kindle出版)はカンタンにできます。
紙の本の出版のように高額な費用がかかったり、広告宣伝費や在庫管理に苦労する必要がありません。
電子書籍出版(kindle出版)で費用がかかるのは電子書籍が売れたときだけです。
世界中のAmazonキンドルストアで半永久的に販売され続けます。
あなたも電子書籍出版(kindle出版)でエッセイストデビューしませんか?
電子出版社ハッカドロップスは精一杯お手伝いいたします。

【ご自分でつくりたい方、リーズナブルにいきたい方】

自分で電子書籍をつくれる教材を発売しています。

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編・画像本編セット

・電子書籍出版講座 Amazon版 文章本編

「こんな本をつくりたいんだけど、どっちの教材を選択したらいいのかしら・・・」などのご相談はお気軽にメールください。
また、表紙作成だけお手伝いするなど部分的な有償サポートもあります。

【直接指導してもらいながら自分で作りたい方】

愛知県名古屋市会場限定ですが、直接指導講座を行っています。

【名古屋限定開催】電子書籍出版講座Amazon版文章本編

【Wordや一太郎などのワープロ原稿がある方】

Wordや一太郎などワープロ原稿をお持ちの方向けプラン。文章校正3回、表紙デザイン、電子書籍製作、販売登録代行・・・20万円~30万円(概算)

Wordなどで書かれた原稿から電子書籍出版

【自費出版した紙の本を電子書籍にしたい方】

かつて自費出版社に依頼して出版した本を、電子書籍にしたい方向けプランです。本から文字を抜き出し、電子書籍にします。

自費出版された紙の本を電子書籍出版

【インタビュープラン】

ご自宅などにお伺いし、合計3回のインタビュー、資料整理、原稿作成から電子書籍化まで承ります。遠方でも承ります。

インタビューから原稿を起こして、電子書籍出版
お気軽にお問合せください。

denwa

mail