小説、エッセイ、童話児童文学の公募情報! 2017年1月から3月締切まで

この時期は大きな賞が多いですね。締め切りは少し先ですが、今からしっかり準備しておきましょう。募集要項は、必ずそれぞれの公式サイトに記載されているものを確認してください。

第8回創元SF短編賞

【概要】
SF短編小説を募集
【締切】
2017年1月10日
【賞金】
印税
【詳細URL】
http://www.tsogen.co.jp/award/sfss/8th/

 

第34回 アンデルセンのメルヘン大賞

【概要】
日本語で書かれた創作童話を募集
【締切】
2017年1月10日
【賞金】
30万円
【詳細URL】
http://www.andersen-group.jp/meruhen/

最近は、Amazonで電子書籍出版した人に商業出版社から出版のお誘いがある事例が増えてきました。電子書籍は自分でカンタンに作れます。わかりやすくて自宅で学べる電子書籍出版教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

 

2016年度南日本文学賞

【概要】
南九州(鹿児島・宮崎)を題材とした作品を募集。・小説・文芸評論部門、・詩部門。
【締切】
2017年1月10日
【賞金】
30万円
【詳細URL】
http://373news.com/_jigyou/syakoku.php?storyid=78606

ジャンプ小説新人賞16 Winter

【概要】
小説を募集
【締切】
2017年1月15日
【賞金】
100万円
【詳細URL】
http://j-books.shueisha.co.jp/prize/archives/16winter/comment.html

Amazon(アマゾン)で販売できる電子書籍は自分で作る事ができます。小説はWordか一太郎でカンタンに作れます。しかも印税は書籍価格の70%受け取り可能!! 電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

第21回 約束(プロミス)エッセー大賞

【概要】
「約束」をテーマにしたエッセイを募集。一般部門とグローバル部門に分かれている。
【締切】
2017年1月16日
【賞金】
100万円
【詳細URL】
http://www.promise-essay.com/

 

第27回 ゆきのまち幻想文学賞

【概要】
雪をテーマにした雪を感じさせる幻想的な物語を募集します
【締切】
2017年1月20日
【賞金】
30万円
【詳細URL】
http://www.prism-net.jp/0y-yuki/y30-bungaku-syo/yb-bosyu.html

出版不況が叫ばれる中で、電子書籍の売上だけは前年比30%超えで右肩上がりの成長を見せています。将来性が高い電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

 

第6回 集英社みらい文庫大賞

【概要】
小中学生向けのエンターテイメント小説を募集。
【締切】
2017年1月30日
【賞金】
100万円
【詳細URL】
http://miraibunko.jp/grandprize/novel/

第63回江戸川乱歩賞

【概要】
2017年1月31日
【締切】
推理小説を募集。受賞作はフジテレビが映像化。
【賞金】
1000万円
【詳細URL】
http://shousetsu-gendai.kodansha.co.jp/special/edogawa.html

惜しくもコンテストに通らなかった作品を、世の中に埋もれさせるのはもったいないと思います。電子書籍にして発表しませんか?電子書籍なら低コストで日本をはじめ世界に配信できます。コンテスト落ちの作品が電子書籍化でブレイクして出版社からオファーが来る事があるかもしれませんよ。

自分で電子書籍を作れるようになる教材はこちら

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

第7回 アガサ・クリスティー賞

【概要】
広義のミステリー小説を募集
【締切】
2017年1月31日
【賞金】
100万円
【詳細URL】
http://www.hayakawa-foundation.or.jp/business/christie_prize/

第12回小説現代長編新人賞

【概要】
長編小説を募集
【締切】
2017年1月31日
【賞金】
300万円
【詳細URL】
http://shousetsu-gendai.kodansha.co.jp/special/29.html

第9回 日本製薬こども文学賞 物語部門

【概要】
こどもたちの心を育む「物語部門」、夢を彩る「絵画部門」の両最優秀作品をもとに絵本を制作
【締切】
2017年2月11日
【賞金】
30万円他
【詳細URL】
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/company_profile/news.php?id=3098

 

最近は、Amazonで電子書籍出版した人に商業出版社から出版のお誘いがある事例が増えてきました。電子書籍は自分でカンタンに作れます。わかりやすくて自宅で学べる電子書籍出版教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

 

幸福の科学 ユートピア文学賞2017

【概要】
読む人を幸福にする作品や社会の発展に貢献する為の提言などを募集
【締切】
2017年2月28日
【賞金】
100万円
【詳細URL】
https://www.irhpress.co.jp/irhpress/company/business/literature/2017_gaiyo/

 

第30回 ファンタジア大賞

【概要】
長編小説を募集
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
300万円
【詳細URL】
https://www.fantasiataisho.com/guideline/

Amazon(アマゾン)で販売できる電子書籍は自分で作る事ができます。小説はWordか一太郎でカンタンに作れます。しかも印税は書籍価格の70%受け取り可能!! 電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

厚田ふるさと平和・文学賞 子母澤寛(しもざわかん)文学賞

【概要】
子母澤寛の文学への貢献を賞し、新たな文学の創出を目指して創設。短編小説とエッセイ部門がある
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
15万円
【詳細URL】
http://www.atsuta.net/literay/#entry

「こわいこわい百物語」シリーズ原稿募集

【概要】
心底こわ~いお話はもちろんのこと、こわいお話だけど、最後にくすっと笑える話、または楽しいお話だと思って読んでいると、最後にぞくっとしたり、感動したりする話など、短いけれど、インパクトがあるお話を募集します。
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
印税
【詳細URL】
http://jibunkyo.main.jp/index.php/prize/archives/57

海外在住の日本人は紙の本が高い、日本語の本が手に入らないなどの理由から電子書籍を購入しています。つまりあなたが電子書籍出版をすれば、日本だけでなく世界中に住む人達を読者にできる可能性があるのです。電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

 

第41回すばる文学賞

【概要】
意欲的な作品を募集
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
50万円
【詳細URL】
http://subaru.shueisha.co.jp/bungakusho/

第18回 角川ルビー小説大賞

【概要】
男性同士の恋愛をテーマにした小説を募集
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
100万円
【詳細URL】
http://shoten.kadokawa.co.jp/ruby/award/

出版不況が叫ばれる中で、電子書籍の売上だけは前年比30%超えで右肩上がりの成長を見せています。将来性が高い電子書籍の作り方を教える通信教材はこちら。

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」

 

第14回ミステリーズ!新人賞

【概要】
短編推理小説を募集
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
30万円
【詳細URL】
http://www.tsogen.co.jp/award/mysteries/%E7%AC%AC14%E5%9B%9E%E3%80%80%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%EF%BC%81%E6%96%B0%E4%BA%BA%E8%B3%9E/

第5回ハヤカワSFコンテスト

【概要】
SF小説を募集
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
100万円
【詳細URL】
http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2016-04-15-142343.html

第4回 新潮ミステリー大賞

【概要】
ストーリー性豊かなミステリーを募集
【締切】
2017年3月31日
【賞金】
300万円
【詳細URL】
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/mystery

 

惜しくもコンテストに通らなかった作品を、世の中に埋もれさせるのはもったいないと思います。電子書籍にして発表しませんか?電子書籍なら低コストで日本をはじめ世界に配信できます。コンテスト落ちの作品が電子書籍化でブレイクして出版社からオファーが来る事があるかもしれませんよ。

自分で電子書籍を作れるようになる教材はこちら

「電子書籍出版講座Amazon(アマゾン)版 文章本編(通信講座)」